「iPhone 12」の発売が10月に?新型コロナの影響で1ヶ月遅れる可能性

スマホ、格安SIMのまとめ

スポンサーリンク

「iPhone 12」の発売が10月になる可能性があるようです。

新型コロナの影響で1ヶ月遅れるかもしれないということです。

まだ、少し先の話ですが、2020年のiPhoneの発売は、例年よりも遅くなるのでしょうか。

 

スポンサーリンク

「iPhone 12」の発売が10月に?新型コロナの影響で1ヶ月遅れる可能性

iPhone 12
iPhone 12

DigiTimes

「iPhone 12」の発売が10月に?

情報筋の話として、新型コロナウィルスの感染拡大を受け、Appleが従業員のアジア圏への出張制限を3月末から4月末まで延長したことで、「iPhone 12」の発売が10月に延期される可能性があると報じているということです。

 

こういうところにも早くも影響があるのでしょうか。

スポンサーリンク

技術検証試験(EVT)に遅れが生じるため

Appleの従業員の出張制限が延長されています。

このため、中国の生産施設での5G対応の新型「iPhone」の技術検証試験(EVT)に遅れが生じるものとみられ、本来は6月に新型iPhoneの量産を開始する予定だったものが、EVTは3月末までに実施されるず、EVTが遅れることから量産が1〜2ヶ月遅れる可能性があるということです

ということで、EVTのスケジュールが遅れることから、2020年のiPhone「iPhone 12」の発売が10月に延期される可能性があるのこと。

「iPhone 12」の「A14 Bionic」プロセッサは5nmプロセスを採用?モデムチップにQualcommの「Snapdragon X55」を搭載?

「iPhone12」は、5Gに対応するだろうと見られています。

そういう意味では、買い換えが期待できるモデルですが、発売が遅れるということだと、販売台数はあまり伸びないということになってしまうかもしれませんね。